妻が多額の借金をしていました

自己破産を申請するまでの間は負債者個人に対しての電話を使用しての取り立てと借金のあるその人の住んでいる家への直接訪問によった集金は無法でないということになります。

それから、破産に関する正式手続きに入ってから請求までに無駄な時間が費やされてしまったときには債権保持人は無理矢理な返済要求を行うリスクが高くなります。

債権保持人サイドとしては残金の清算もせずにそのうえ自己破産といった正式な手続きもなされないといった状態であれば会社の中での対応をすることができないのです。

それだけでなく一部には法律家に助力を求めていないとわかったなら、かなり厳しい締め上げ行為に出る債権者もいるようです。

司法書士法人もしくは弁護士法人に相談したケースでは、債権保有者は負債者に対して直接集金を続けることができなくなります。

頼みを受けた司法書士事務所あるいは弁護士法人は仕事を請け負ったと書かれた文書をそれぞれの債権者に送りそれぞれの債権者がその書類を確認したのなら取り立て業者による過激な返済請求から自由になるわけです。

さらに、企業が仕事場や親の自宅へ訪れての取り立ては法律のルールで認められていません。

貸金業の登録している業者ならば勤め先や親の自宅へ訪れる返済要求はルールに抵触しているのを分かっているので、違反であると伝えてしまえば、違法な取り立てを続行することはないと思います。

自己破産に関する申請後は、申請者にあてた集金を含んで例外なく返済要求行為は認められなくなりますので取り立て会社からの取り立て行動はさっぱりと消えてなくなるということになります。

けれども、ごく一部には違反と分かっていてやってくる取り立て屋も存在していないとは言い切れません。

貸金業で登録している会社であれば自己破産の申請の後の収金が法のガイドラインに違反しているのを認知しているので、その旨を伝達すれば、法外な集金をやり続けることはないと言えます。

といっても闇金融と言われる取り立て業者に関しては常識外で、過激な徴集行為などが原因の被害者が増え続けている状況です。

闇金融が取り立て業者の中に存在している場合にはどんな場合であれ弁護士事務所や司法書士グループなどの法律屋に相談するようにするといいと思います。
借金 助けて